Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

うさみみを生やせ

it { is_expected.to be_tech_blog.written_by(izumin5210) }

Botkitで消耗した話

ポエム

Botkitで消耗した話です.

つらい

自分のNode.jsにおけるブロッキングI/O・ノンブロッキングI/Oまわりの知識や理解が追いついてない説も否定はできない…. なんとかして非同期処理の待ち合わせとかJavaCountDownLatch的なアレを実装しようかとも考えたけど,スマートさに欠けるか〜と思って諦めた.

Storageまわりをasync/awaitでラップしたらなんとかなるかと思って試したけど,hearsやmiddlewareの呼び出し元はfalseかそうじゃないか」しか見てないので無意味だった.

ハックしづらい

「helpがつくれない」の根拠としては,hearsに渡すkeyword/patternがその関数内に閉じ込められてる(何らかのデータ構造に格納等はしていない)こと.利用者側に特定のmiddlewareを強制するとかならできなくはないが,helpとか意識せず勝手に生成されてほしいですよね.

そもそも

最初はhearsやmiddlewareが非同期処理を許容できるように改造しようかと思ったけど,PRとかIssueがめっちゃ放置されてるのを見てやる気無くしてしまった.

まとめ

自分にもうちょいやる気と技術力あるならなんとかできるかな〜と思ったんだけど,そもそもPRとか放置されるなら無理だなと. そもそもの問題として,BotkitはHubotRubotyほどpluggableに作られてるわけじゃない(目的が違う)のかな?

WEB+DB PRESS Vol.82

WEB+DB PRESS Vol.82

  • 作者: 山口徹,Jxck,佐々木大輔,横路隆,加来純一,山本伶,大平武志,米川健一,坂本登史文,若原祥正,和久田龍,平栗遵宜,伊藤直也,佐藤太一,高橋俊幸,海野弘成,五嶋壮晃,佐藤歩,吉村総一郎,橋本翔,舘野祐一,中島聡,渡邊恵太,はまちや2,竹原,河合宜文,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2014/08/23
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

Slack入門 [ChatOpsによるチーム開発の効率化]

Slack入門 [ChatOpsによるチーム開発の効率化]